2015年8月6日、広島に原爆が投下されてから70年の時が経ちました。

本日8月6日、多くの人々が広島の平和公園に足を運んでいます。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150806093616j:plain

広島平和公園では、平和祈念式典が行われます。

70年目の節目である今年、日本の平和、そして世界の平和がこの場所で誓われるでしょう。

8月6日原爆の日は私たち日本人にとって特別な日

本日8月6日は、戦争を知ってる方にとっても、知らない方にとっても特別な日です。

自分で戦争を体験していなかったとしても、両親が、もしくは祖父、祖母が体験しているはずです。

今回の平和記念式典には、70周年の節目として、阿部首相と世界100ヵ国とEUから代表が参加する記念式典となるようです。

今現在も、大勢の人たちが原爆慰霊碑に祈りをささげ、列が途切れることがないようです。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150806093710j:plain

日本の平和と世界の平和と

世界を旅し、色々な国を観てきた中で、特に印象的だったのが、やはり戦争の傷跡でした。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150806093645j:plain
自分の目で見ておかなければならないものだと分かってはいたものの、なかなか戦争の傷跡に向かう足は重たかったのを覚えています。

戦争が起これば、多くの死者が出ます。

そして、多くの悲しむ人たちが出ます。

今だに、地雷などが埋まっている国もたくさんあります。

色々な国で、地雷の埋まる地である証拠のどくろマークを目にしてきました。

地雷の証拠であるどくろマークを観る、人々の目は悲しい目をしていました。

戦争なんてなくなればいいのに…

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150806093720j:plain
誰しも思うはずです。

戦争について何も知らない人へ読んで頂きたい本

戦争について、何も知らないし、家族の誰も戦争を体験してないし…

という方に、読んで頂きたい本があります。

とても読みやすく、リアルに書かれている為、情景が目に浮かぶはずです。

 f:id:sekaiissyuuhuhu:20150806093625j:plain

百田 尚樹さんの【永遠の0】です。

戦争の悲惨さを、感じ取ることが出来るはずです。

そして、家族愛。

色々なテーマで書かれている小説です。

涙なしには読めないはずです。

8月6日、この日に読み始めるというのも良いきっかけなのではないでしょうか。

日本の平和、そして世界中に平和が訪れる日がやってきますように。

戦争によって命を落とす人が0になりますように。