韓国のマーズ(中東呼吸器症候群)は、事実上の終息宣言が出されていましたが、

f:id:sekaiissyuuhuhu:20151013004405j:plain

最後の感染患者の方が再び発熱、陽性反応が出てしまいまったとのニュースです。

韓国マーズ2015年10月最新情報

韓国のマーズですが、2015年の7月の段階で首相による事実上の終息宣言が出されていました。

最後の感染者の方が陰性になった為です。

2015年10月12日、最後にマーズの陰性判定を出された男性が再び発熱、再入院という事になりました。

今回は、男性と接触した家族や関係者など61人は素早く隔離されているとのニュースです。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20151013004435j:plain

韓国のマーズ!再び感染してしまった理由は?

今回、韓国でマーズを再発した男性は、2015年6月にマーズに感染し、10月1日に2回にわたる遺伝子検査を受け、陰性が確認されて退院の運びとなった所でした。

そして、今月11日に発熱や嘔吐などの症状が出たため病院を受診。

12日に再びマーズが再発したとの診断を受けました。

マーズに再び感染してしまった理由は、今回のケースは感染したのではなく、体内にまだ潜んでいた微量のウイルス遺伝子が検出されたとの事。

感染力は非常に弱いとの報道ですが、実際の所どうなのでしょうか?

体内にまだ潜んでいたという事は、完全に陰性になった訳ではなかったのでしょうか?

微量すぎて、検査の際にひっかからない位のウイルスだったという事にもなりますよね。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20151013004542j:plain

MERSの終息宣言はWHOにより出される予定だったの?

今回MERSを再発した男性の陰性反応を受け、WHOによる韓国MERS終息宣言が10月29日に出される予定でした。

既に事実上の終息宣言は、首相により出されていましたが…

参考記事
⇒【MERS韓国最新情報 MERS(マーズ)の終息宣言と韓国旅行と

それが、再発した事で、当然の事ながら韓国のMERS終息宣言は見送られる形となりました。

 f:id:sekaiissyuuhuhu:20151013004250j:plain

MERS再発で韓国旅行のキャンセルが!?

10月12日、MERSが再発した患者が出たという事で、再び韓国旅行をキャンセルされる方も懸念されますね。

でも、今回のケースは再び多くの人に感染した訳ではなく、ただ再発しただけのようなので、再発した男性が接触した方たちがMERSを発症しなければ大丈夫だと言えるでしょう。

MERSの流行から、結構な月日が流れていますが、まだ感染者の方がいらっしゃったんですね。

6月に感染してからもう10月ですからね。

その事にも、驚きを隠せませんでした。

MERSの潜伏期間は、1日から2週間程度です。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20151013004602j:plain

その間に、家族や接触者の方々がMERSを発症しなければ、特に問題はないはずです。

念のため、韓国に行かれる方は高機能のマスクを着用される事をお勧めします。

参考記事
⇒【mers(マーズ)対策最新情報 マーズ予防に効果大のピッタリッチとは?

それと同時に、手洗いやうがいを徹底して、更に気になるようでしたらアルコール消毒まですれば、かなりの確率でMERSの予防はできるはずです。

MERSの感染が拡大しない事を祈ります。