オーストラリアで、2015年9月2日、もこもこの羊が保護されました。

保護されたのはキャンベラの地で、発見された時には毛がもこもこすぎて、もはや何の動物だかわからない程になってたようです。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150904003707j:plain

その後の羊はいかに!?

オーストラリアで毛むくじゃらの羊が現れる!?

オーストラリアのキャンベラで発見された羊は、通常の羊の約三倍程の毛におおわれた羊でした。

運ぼうとしても、毛の重さで思た過ぎてなかなか運べず、なんと三人がかりで運んだようですね(^^;)

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150904003715j:plain

そして、もうじき夏がやってくるオーストラリアでは、このままだと羊の命の危険があるため、急きょ毛刈り職人を募集しました。

毛刈り職人を募集しはじめて、すぐに候補者が現れたのですが、なんとその候補者の方は、毛刈りの名人(チャンピオン)だったのです。

 f:id:sekaiissyuuhuhu:20150904003720j:plain

羊は毛がもこもこしすぎると命の危険が!?

羊のメリノ種などは、毛の生え替えの時期がありません。

そのため、毛を刈らないと永遠に毛は伸び続けるという事になります。

ある程度まで伸びたらもう伸びないという訳ではなく、ずっと伸び続けてしまうのがメリノ種などの羊なのです。

毛が伸び続けると、夏を迎え暑くて暑くてたまらなくなるのが容易に想像できますね。

そして、毛をしょってる分の重さもあるため、動きもにぶくなります。

草を食べる際にも影響してきます。

オーストラリアの夏は、暑くなるため熱中症の危険性も高くなります。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150904003734j:plain

これらの事を考えると、毛の伸びすぎによって羊に命の危険が及ぶことがわかるでしょう。

チャンピオンにより羊の毛刈が行われた結果

羊の毛刈のチャンピオンによって、毛刈が行われました。

出た毛の量、なんと40キログラム程だったとか。

羊一頭の毛刈は、数分で行うことができる毛刈のチャンピオンでも、今回は40分以上かかったとか。

それだけもこもこ過ぎたという事ですね。

チャンピオンが名乗り出てくれたお蔭で、羊の命は助かりました。

オーストラリアなどでは、群れから離れていった脱走した羊などは、探さないようです。

そのため、そのまま野性化できずに死亡するパターンが多いようですね。

今回助かったもこもこ羊は、運が良く人間の手により助けられました。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150904003746j:plain

なんとなく、ほのぼのとしたお話ですね。

色々な事件などが報道されている中、癒されるお話でした。

刈られた毛は約40キロ分程だったようですが、40キロも背負ってたのかと考えると恐ろしいですね(^^;)

今後は、こんな事になる前に毛をきちんと刈って貰える事でしょう。