ネパールといえば、計画停電が行われている国という認識が多い方が多いのではないでしょうか?

ネパールの首都カトマンズに行きたい方に朗報!計画停電が無くなり快適な電気事情

先日、6年ぶりにネパールのカトマンズを訪れた際に一番驚いたのが停電がないことでした。

ネパールのカトマンズの計画停電がなくなったことについて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

ネパールの電気事情をご存知でしょうか?

ネパールは、電力が足りてなくいつもネパールの友人が電気がなくて困っていると言ってました。

そして実際に、毎日のように計画停電が行われ電気が止まっているのがかつてのネパールでした。

ネパールという国は、水力発電がメインで行われている国で、雨季は比較的電気がありますが乾季の時期には常に電力の供給が追いつかなくなると6年前にネパールを訪れた際に仲良くなったネパールの友人に教えてもらったのです。

「電気事情をなんとかして欲しい」とずっと友人が言っていましたし、今回のカトマンズの計画停電がなくなった件はかなりネパールの方々は喜ばれてるようですね。

友人は「本当に嬉しい!」とかなり喜んでいましたから。

カトマンズの計画停電はいつからなくなったの?

ネパールの首都カトマンズに行きたい方に朗報!計画停電が無くなり快適な電気事情

カトマンズ地域の計画停電は、つい3ヶ月程前からなくなったようですね。

友人曰く「3ヶ月位前だったかな?」ということでしたが、ネパールの重要なお祭りである光のお祭りの時から停電にはなってないそうです。

実際に、1日中電気を利用することができています。

以前は、停電の際にはもちろんwifiも使えませんし大変でしたが今現在はなかなかハイスピードなwifiを利用できる環境にあります。

また、お風呂のお湯も冬の時期は特に昼間じゃないとぬるくて大変でしたが、今は熱々のシャワーを浴びることができたり。

とにかく2017年はいろいろと快適に過ごすことができるカトマンズに近づいてきています。

友人の家はパタンにありますが、パタンでも普通に電気の供給がストップすることなく計画停電は今のところないようですね。

スポンサーリンク

カトマンズの計画停電がなくなった理由

それではなぜ、カトマンズでは計画停電がなくなったのでしょうか?

ネパールの友人談ですが、インドから来た方で電気の供給に詳しい方が政府のチームに加わり、その結果計画停電をしなくても電気の供給ができるようになったようですね。

電力の供給が不安定ですと、コンセントを差した時に燃えてしまったり、色々と問題が生じます。

以前は、このせいで海外対応のドライヤーを壊してしまった覚えがあります(^_^;

しかしながら、今現在はしばらく過ごしてみて本当に電力の供給は安定してる感じます。

それでも、やっぱり日本の明るさと比べるとどこに行っても暗さが目立つのがネパールです。

首都カトマンズでさえ、ホテルでも薄暗さを感じざるをえません。

一般家庭では、本当に電気を大切にする習慣がついているため、電気は夜暗くなってからももう無理かなというギリギリまでつけませんし、とにかく電気を大切にします。

人によるかもしれませんが、私の友人たちの家ではみんなそうでした。

計画停電はなくなり更に水道の上下水を整える工事が

ネパールの首都カトマンズに行きたい方に朗報!計画停電が無くなり快適な電気事情

更に、ネパールでは水の供給事情も悪かったりします。

建物の上の方に、大きなタンクが取り付けられているのを見たことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

あのタンクから、家庭に水が供給されています。

上下水が整っていないため、ネパールの水は正直行ってとっても汚いのです(>_<)

なんとなく土臭いような、ザラザラする感じがします。

酷いところになると、ホテルでも出てくる水はちょっと濁ってたりします。

さすがにそういう時には、歯磨きをするのもペットボトルの水を使いますが、いま現在上下水を整えるための工事がカトマンズでは行われています。

バックパッカー宿などでは、「部屋での洗濯は禁止です。」という張り紙を見たことがある方も多いのではないでしょうか?

洗濯は、街の洗濯やさんで1キロ100円程でしていただくことができるので、水は大切に使って欲しいという旨の張り紙が貼られていたりします。

これは、タンクのお水がなくなってしまうこともあるためです。

そんな状態のカトマンズでしたが、今は道路ごとに水道の工事が行われ、上下水もいよいよ整えられているようです。

工事が行われている関係で、工事中の道は通れなくなったりしますが、これで水道が快適に使えるようになれば無問題ですね。

ただし、今現在は工事の関係で以前にも増して砂埃がものすごいことになっています。

街を歩く際には、マスクが必須です。

友人が言うには、ネパールでは工事を行うにしても「何キロメートル先工事中」という標識はないため、とても大変だと言われてましたが、確かにいきなり工事が始まるため、そこまで行ってから回り道をしなければなりません。

何れにしても、少しずつですがネパールもいろいろと整えられるようになってきたという事でしょうか?

去年は、ネパール憲法ができた時にガソリンもなくなり、インドの近くの知り合いから5倍の値段を払ってガスを買ったなんて友人が言ってましたが、その時の事を考えると今はかなり快適な状況なのではないでしょうか?

一昔前までは、ストライキも多々起こりネパールを旅行するにもバスなどのストライキにぶつかると動けなくなることが多々ありました。

私たちも、以前ストライキにあたり田舎の村から動けなくなったことがあります。

そんなこともかなり減り、とても旅がしやすい国になりました。

停電が嫌でなかなかネパールに行けなかった!

そんな方も、なかなか快適に旅することができるため、是非ネパールにも出かけられてみてください。

ネパールの観光などでお金を落とすことは、ネパールの人たちの助けにつながると思ってます。

少しずつですが、以前とは比べ物にならない位この国は発展してきています。

物価も上がりましたが、人々もとても親切ですし新日の国なので色々と貴重な経験をすることができるはずです。