ジョージアという国をご存じでしょうか。

ちょっと前に、グルジアからジョージアに名前を変更するという事で話題になった国です。

参考記事
⇒【グルジアからジョージアに名前変更の時が来た!大好きなコーカサスの地

コーカサス地方の国で、お隣はアルメニア、トルコ、アゼルバイジャンの国ですね。

ジョージア(旧グルジア)ってどんな国なの?

ジョージアと聞いて思い浮かべるのは、アメリカの州だという方が圧倒的に多いのではないでしょうか(^^;)

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150414220348j:plain

ジョージアとは、トルコのお隣の国で、お水よりワインの方が安い国です。

ジョージアに行った時に、宿では朝からワインが出された程でした。

※商店などでも、お水を買うよりワインの方が断然安かったのです。

これにはびっくりしました。

ジョージアの人は、結構昼間からお酒を飲んでるようです(^^;)

そして、自然豊かな国で、山なども美しい国です。

個人的な印象として、ジョージアの人たちの車の運転は、かなり危ない運転だった記憶があります。

どのタクシー、バスなどに乗ってもそうでした(;_;)

ジョージア(旧グルジア)の気候は?

ジョージアの気候は、日本とそんなに変わらないような気候です。

遠く離れたジョージアの国ですが、四季もあります。

日本との時差は、マイナス5時間。

山間部は、高山気候で、西武は熱帯性気候、東部は乾燥してる地域が多い気候となっています。

トビリシでは、冬は雪が結構降り、マイナス7度近くまで気温が下がることもあり、寒い日が続きます。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150414220137j:plain

交通も麻痺することが多くあり、バスなども待っても来ない…

なんていう事もあります。

私がジョージアに行った時には、まさにそんな状態でした。

夏は、反対に暑い日が多かったりと、40度近くまで気温が上昇することもあるようです。

宿の方には、夏は辞めた方がいいよ。と言われたりしました(^^;)

そうは言っても、日本とそんなには変わらない気候のようです。

春、秋などに雨が多く、5月、6月は比較的雨が多いシーズンのようですね。

ジョージア(旧グルジア)の大洪水のニュース

そんな中、2015年6月13日夜、大洪水のため、川が氾濫し、川の近くにあった動物園の檻が崩壊し、動物たちが逃げた出したとのニュースです。

トビリシの街では、外出を控えるようにという指令がだされ、動物たちは見つけ次第何らかの対策が取られているようです。

オオカミは、残念ながら六頭殺されてしまったようです。

熊一頭、ハイエナ一頭も同様です。

カバなども逃げ出し、トビリシの街を徘徊していたようです。

カバには麻酔銃を打ち、とらえたもようですね。

ジョージアでは、民家などが壊れ、死者も10人ほど出てるようです。

早く逃げ出した動物たちも、見つかると良いですね。

ジョージアの旅物語は、

【世界一周夫婦プロデュース】 旅と夢と自由の実現方法
「 ジョージア 旅物語 」 一覧

 よりお読みください。

冬のジョージアの旅の記録です。