ニュースでかなり話題になっていますが、まだご存じない方もいらっしゃいますので、タイのテロ情報についてシェアさせていただきます。

【タイのテロ情報2016年】10月にバンコクへの渡航を予定されてる方は必ず海外安全情報のチェックを!

2016年10月下旬に、バンコク近辺でテロが発生する恐れがあります。

バンコクを訪れる予定の方は、必ず情報をチェックするようにしてください。

2016年10月下旬にタイへ渡航予定の方へ

2016年の10月20日から30日までの間、バンコクの均衡では、自動車を使った爆弾テロが起こる可能性があるというニュースがあります。

ソースは明らかではありませんが、ニュースによるとタイ南部のマレー系のイスラム武装勢力にようるものだとの情報です。

詳しい情報は、随時外務省の海外安全情報のHPをチェックされてみてください。

特に、この期間にバンコク近郊に行かれるという方、バンコク近辺にお住いの方は情報のチェックを怠らないようにしてください。

知ってるか知らないかで、命が助かることもあります。

普段はニュースなんて見ないし、という方が周りにいらっしゃいましたら、是非伝えてあげてください。

特に、バックパッカーなどの方でテレビも見なければネットも見ないという方は危険です。

いつもは宿にこもってるけど、そんな時に限って出かけてみたなんてことになったら大変です。

2016年10月下旬のテロ計画はどこが標的になるの?

【タイのテロ情報2016年】10月にバンコクへの渡航を予定されてる方は必ず海外安全情報のチェックを!

10月下旬に予定されているとされるテロ計画では、特に注意しなければならないのが人が集まる場所です。

スワンナプーム空港やドムアン空港の警備は、すでに強化されているようですが、他にも人が集まる場所で気をつけなければならない場所はたくさんありますよね。

バンコクでは特に、 ・ショッピングセンター ・観光地 ・駐車場 ・いちば ・交通公共機関 ・軍や警察の関連施設 など、いろいろと注意しなければならない場所があります。

10月下旬に関しては、これらの場所にできる限り近づかないに限ります。

日にちに関しては、

10月25日から30日に、バンコク及び隣接する地域での爆発

と書かれているニュースと、

10月20日から25日にサムットプラカーン県での爆発

と書かれているニュースとあり、

どちらが正しい情報なのか、わからないようなので何れにしても、10月20日からは注意して過ごすに越したことはありません。

2015年8月17日にはバンコクのエラワン廟でテロ

去年の8月には、バンコクのパワースポットとされる観光地、エラワン廟で爆弾テロがありました。

翌日には、チャオプラヤ川近辺での爆発も起こり、多くの方々が犠牲になるという事件が発生しています。

バンコクの治安は、あまり良い状態ではなく、テロが起こることも多々ありますが、できる限り情報をキャッチして、事前に何かこのように情報がある場合には、起こる起こらないは別として、危ないと言われるような場所には近づかないに限ります。

海外に出る、海外に住むということは、すべて自己責任です。

自分で選んでこの場所にいるわけですから、自分の身は自分で守らなければなりません。

自分のことだけではなく、日本にいる大切な方々のことまできちんと考えて行動するべきでしょう。

2016年8月11日にもプーケットなどの南部で連続爆発

つい最近も、8月にタイの南部では、連続爆発が起こっています。

うちの近所には、軍の飛行場があるのですが、とにかく軍の飛行機の出動も激しくなっています。

先日、タイの王様であるプミポン国王が崩御されたため、いろいろと不安定なことが続きそうです。

参考記事
⇒【タイの地で「タイのプミポン国王が亡くなられた」とのニュースを知った日

タイに渡航予定があるという方は、何度もしつこいようですが、必ず外務省の海外安全HPだけではなく、様々なタイ関連のニュースにも目を光らせておくと良いでしょう。

念には念を入れて、海外には渡航するべきです。

海外に住んでいる私がこんなことを言ってもあまり説得力はないかもしれませんが、私自身は様々な情報にはかなり注意を払っています。

命は一つです。

危険だと思えば、その地域への旅行も取り止めます。

幾度となく、旅行は取りやめてきました。

行ってみなければわからないというのも一理あります。

実際に、私が住むタイのチェンマイは、毎日かなり平和です。

それでも、いつ何があるかわからないとわきまえて、危ないとされる日には外出を控えたりするべきだと思ってます。

10月下旬のバンコクは、くれぐれもご注意ください。