タイの人たちの話す英語は、

タイ人の話す英語が独特な英語で最近彼らの英語の特徴が分かってきた件

かなりオリジナルの独特な英語を話します。

タイの人たちとの付き合いが深くなるにつれて分かってきた、タイの人たちのオリジナルな英語についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

タイの人たちが話す英語の語尾につく「か」について

先日、フィリピン人の話す英語には、語尾に「ポ」が付くと言う記事を見ました。

フィリピンにはまだ未進出ですが、フィリピンでは語尾にみんな「ぽ」がつくのですね。

理由は、フィリピンの丁寧語にあたる言葉は「ぽ」をつけるからです。

○○です、に当たる部分がぽなんですね。

ここタイでも、タイの人の話す英語には「か」が必ずつくのです。

タイの国では、「か」と言うのは丁寧語にあたる言葉です。

〇〇です、〇〇ますと言う言葉を話すときにはタイの人たちは「か」をつけます。

そのため、タイの人たちが話す英語の語尾にはかがつくのです。

この語尾のかについては、どんなに英語教育を受けてペラペラに話せる人でも、たまに〇〇かと言う言葉が出てきます。

タイの人たちが発音できない言葉とは?

タイ人の話す英語が独特な英語で最近彼らの英語の特徴が分かってきた件

ここタイでは、タイ語を話せなくてもほぼ英語で生活することができます。

が、タイ人の英語を理解するのは、結構大変だったりするのも事実です。

タイ人の話す英語は、タイ語の訛りを含んだ英語で、タイ語にない発音はタイの人たちは発音することができません。

タイ語には、「し」の発音や「す」や「つ」の発音がないため、それらの発音を話すことができないのです。

先日マッサージに行った時に、欧米人をマッサージしているタイ人マッサージ師がいました。

彼は、日ごろから英語はペラペラでイギリスにおばさんがいるとかで、英会話には困らないタイプの人でした。

電話での会話も全然問題なく通じるそんなタイ人の彼ですが、欧米人の人には結構気になって仕方がなかったのでしょう。

私の隣でマッサージを受けてた欧米人男性は、英会話教室を始めました。 


「君の発音はおかしい」と言うことから始まり、「シックス」と言う6の文字の発音の練習が始まりました。

なかなか彼はシックスを発音できずに、ずっと練習していましたが、結局なかなかシックスを発音することができなかったのです。

シックスなんて簡単なようですが、おそらく、私たち日本人の話す方カタカナ英語もそれはおかしいと彼には言われてしまうものなのでしょう。

どう聞いても、私にはタイ人の彼が話す「シックス」は普通に聞こえました。

が、おかしなものもたくさんあります。

何度聞き返してもわからない言葉があとで思うと、「あっ」思うことがたくさんあったりするのです。

つい昨日も、携帯電話のショップで「31」に当たるサーティワンが聞き取れずに、頭の中が???でしたが、よくよく考えると31なんだということがわかったという出来事がありました。

スポンサーリンク

タイ人の英語は同じ言葉を二回繰り返すの?

そんなタイでの英語ですが、語尾に「か」がつくのもそうなのですが、同じ言葉を2回繰り返すと言うのもよく聞きます。

例えば、オーケーと言う時にもオーケーオーケーといいますし、同じと言う意味のセイムも、セイムセイムと言います。

最初は、友人の癖なのかな?なんて思っていましたが、どうやら多くの方々が同じ言葉を二回繰り返すものでした。

そのカラクリとして、タイ語では、同じ言葉を2つ繰り返す言葉が結構多いのです。

これも、タイに在住10か月目にしてようやく知ることとなりました。

もっとも、タイ語を学ぼうと思ったこともなく、あまり気にしたこともなかったのですが、なんとなく耳がタイ語に慣れてきて、あら?と思うことが増えてきたのがきっかけでした。

早くと言う意味のタイ語は、リープとも言いますが、通常レオレオといいますし、気持ち良いと言う意味のサバイも、サバイサバイと繰り返して使われたりします。

タイ語には、「繰り返しを意味する記号」があり、いろいろなところで使われてたりするのです。

そのため、タイでは、英語も同じことを2回繰り返すことが多いと言うことを知りました。

タイ人の英語に文法は関係ない?

またタイの人たちはよくノーと言う言葉を先に付けて○○はないと言う言葉を使ったりします。

タイ人のタイ製英語はなかなか独特で、めちゃめちゃだったりしますが、私たち日本人にとっては文法に関しては伝わりやすいものなのでしょう。

最近耳が慣れてきたのか、タイ人の英語も良く聞き取れるようになってきました。

タイ語はいつまでたっても聞き取れませんが、、、。

欧米人のように、英語を母国語とする方々からすると、日本人の英語もかなりおかしいものなのでしょう。

欧米人と会話してると私もよく訂正されますが、彼らの英語はとっても聞き取りやすいのですが日本人の私の英語が伝わりにくいと言うのが残念なところです。

ちなみに、きちんと学校出ているタイ人の英語はものすごくきれいです。

欧米人に匹敵する英語を話します。 という事はきちんとタイの人たちが勉強すると、流暢なきれいな英語を話せるという事なんですね。

タイでは小学生から、英語は必須になっていてきちんと学校に行っている人たちは英語を話すことができます。

となると日本人よりも、タイ語を母国語としているタイ人たちは、英語の発音に対する壁がないのかなあなんて思ったりもしました。

各国によって、英語は全然違うものになってくるためなかなか面白いものですね。

最近、欧米人の方々と仲良くなる機会が多く、「もう一度言って。」と言われることが多いため、英語の発音の勉強をもっとしなきゃと思う私でした。