2015年、インドではデング熱に感染する患者が拡大しています。

過去5年の間で最悪な結果となっていて、首都ニューデリーなどでは病床不足でたらいまわしにされる人も出ている程です。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150925133800j:plain

なぜ、インドでは2015年こんなにもデング熱が拡大しているのでしょうか?

インドで2015年デング熱が大流行

インドでは、この時期になると毎年デング熱が流行しますが、今年2015年は過去5年で最悪の1800人を超える人が、首都ニューデリーで感染しています。

もちろん、病院に行かずの方もいるため、更に多くの方の感染が疑われています。

また、インドのデング熱のピークは10月中頃に迎えるので、今後も感染の拡大が懸念されています。

これだけ多くの人々がデング熱に感染したという事で、インドのニューデリーの病院では既に病床が不足しています。

病相不足のため、病院をたらい回しにされた患者もいるとか。

実際に、息子さんが5か所の病院に受け入れて貰えずにデング熱が悪化して亡くなるという訃報もあります。

インドのニューデリーでは、急いでベッドの数を増やすなどの対策をしています。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150925133808j:plain

インドで2015年にデング熱が拡大した理由とは?

それでは、インドでは205年になぜデング熱がここまで拡大したのでしょうか?

台湾でも、2015年デング熱が拡大しています。

台湾での拡大の理由はこちらを参照ください。

参考記事
⇒【台湾でデング熱の死者過去最高!?】デング熱が拡大している理由とは?

それでは、インドのデング熱拡大の理由をみていきましょう。

インドの場合は、2015年は平年より高い湿度のせいでデング熱が拡大しているとの見方が強められています。

2015年のインドは、様々な場所で洪水や災害に見舞われましたが、雨季の雨の量が多く、湿度が高い日が続き、デング熱を媒介するネッタイシマカの活動が活発になっています。

ここにも、地球温暖化の影響が強く出ていると言っても良いでしょう。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150925133814j:plain

インドを旅行する際にデング熱にかからないためにする事

この時期に、インドを旅行されるという方は、デング熱などの伝染病に感染しないように注意が必要です。

まず第一に、暑いからと言って、肌を露出する恰好で旅行をしない事です。

肌が隠れることで、蚊にさされる確率は減ります。

また、蚊を予防する虫よけスプレーなども必須です。

部屋にいる時は、ワンプッシュで蚊を予防するスプレーなどもあるので、体にあまり虫よけスプレーを塗りたくないという方は、こちらも合わせて利用すると良いでしょう。

インドでは、毎年10月中頃にピークを迎えます。

その後も、もちろん注意するに越した事はありません。

蚊は、デング熱の他にも様々な病気を媒介します。インドを旅行する際には、蚊にさされないための対策は必須と言えるでしょう。

私も、インドを旅する時はいつも万全の対策をしていきます。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150925133827j:plain

もちろん、しておいた方が良いと言われている予防接種はすべて受けてます。

自分の身は自分でしか守れません。

大好きな海外旅行に行き、蚊にさされて病気になって万が一の事が起こってしまうなんて悲しすぎます。

予防する事、そして危険な場所には近寄らない事。これは鉄則なのではないでしょうか?

参考記事
⇒【2015年デング熱対策情報】デング熱の症状と予防方法は?大阪で注意?