2015年11月13日に起きたフランスのパリのテロで、フランスでは今現在非常事態宣言が出されています。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20151114230103j:plain

また、ISによる犯行声明も出され、一連の銃撃事件、爆発テロはISの犯行との見方が強められています。

今現在、フランスパリにいる方々の安否と、警戒情報です。

フランスのパリのテロの最新情報

フランスのパリで2015年11月13日に起きたテロでは、今現在128人の死者、そして99人もの重体の方々が出ています。

参考記事
⇒【パリでテロ100人以上の死者が!?】フランス非常事態宣言

亡くなられたのは、罪のない一般の人々で、金曜日の夜のひと時を楽しんでた方々でした。

フランスのオランド大統領は、市民の方々に「外出を控えるように」通達し、フランス全土に渡る非常事態宣言を出しています。

また、今現在パリ市内に1500人の軍隊を送り、次なるテロに備えて厳重なる警戒を行っています。

13日の夜テロが起き、朝の時点では非常事態宣言を出し、国境閉鎖を考え、さらには1500人の軍隊を配置するとは、かなりのスピード対応と言えます。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20151114230120j:plain

フランスのパリのテロ!安倍首相によるフランスへのメッセージ

外務省のサイトには、本日安倍首相によるフランスの大統領、オランド大統領に向けてのメッセージが掲載されています。

メッセージによると、日本もフランスと共にあります。というものです。

メッセージの全文は、

「パリで発生した一連のテロ行為により,多数の死傷者が出たとの報に接し,大きな衝撃と憤りを禁じ得ません。このような非道卑劣なテロは如何なる理由でも許されず,断固として非難します。ここに日本国政府及び日本国民を代表し,フランス政府及びフランス国民の皆様に連帯の意を表明します。また,全ての犠牲者及びその御家族の方々に心から哀悼の意を表すると共に,負傷者の方々に心からお見舞い申し上げます。この困難な時に,日本はフランスと共にあります。」

になります。~外務省のサイトより抜粋~

アメリカからフランスへのメッセージ

アメリカのオバマ大統領も、ISに対して一般の罪のない人々を巻き込むなんて許せない。との発言をしています。

そして、アメリカのニューヨークにある貿易センタービルは、フランスへの連帯の意味を込めて、フランスの国旗の色(青、白、赤)で点灯しました。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20151114230245j:plain

フランスでなぜテロが?フランスでテロが起きた原因

今年に入ってから、フランスではテロが何度か起こってます。

まずは、2015年1月に起きたフランスのシャルリー・エブド襲撃事件です。

フランスの風刺週刊誌の会社が襲撃された事件が記憶に新しいのではないでしょうか?

そもそも、原因は行き過ぎるイスラム過激派を挑発する風刺画がでしたが、フランス人ならではのセンスなのでしょうか…

イスラム過激派を挑発しすぎと言えばし過ぎな事件でした。

また、6月にもリヨン郊外のガス工場で、襲撃テロが起こっています。

今回の連続襲撃テロはなぜ起きたのでしょうか?

原因は、シリア内戦に対するフランスの軍事介入ではないかとの見方が強められています。

多くの人たちが集まる場所が、標的となり、かなりの犠牲者を出した無差別テロとしか言いようがありません。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20151114230133j:plain

フランスパリのテロ!旅行者たちの安否は

今現在分かってる情報によると、フランスに旅行中の日本の観光客の方々は、みな無事の様子です。

多くの人たちが観光に行くような場所で、今回のテロの銃撃は行われています。

ホテルから外に出ずに、事態が収まるのを待つより他ありません。

フランステロ!家族の安否確認にはFBが有効

フェイスブックには、災害時情報センターで安否確認ができる機能があります。

今回のフランスのテロを受けて、フランス同時多発テロの安否確認センターが機能しています。

フランスにFB上で友人がいる方などの安否は、フェイスブックの災害時情報センターで確認することができます。

私がこの機能をはじめて知ったのが、ネパールの地震の時で、ネパールに友人がたくさんいるため、友人の安否確認が出来てかなり役立った昨日でした。

フェイスブックで繋がってるフランスの友人がいる方は、是非利用されてみてはいかがでしょうか。

安否が確認できれば安心できますからね。

 f:id:sekaiissyuuhuhu:20151114230127j:plain

フランステロの影響で日本企業は出張取りやめ多数?

今回のフランスの同時多発テロを受け、多くの日本の企業は出張の延期や取りやめを促しています。

また、ユニクロなどは店舗の営業を控えたりしてるようですね。

パリのユニクロは、市内の中心部にあり、何かしら影響が受けやすいような場所にありました。

パリに行った時に、あまりにも寒くてユニクロで服を購入した覚えがあります。

どうしても今フランスに行かなくちゃ…という方以外は、今パリに行くことは控えるべきなのではないでしょうか。

旅行会社のツアーなども、パリ行きのツアーを中止してる会社も出てきています。

何よりも、安全第一です。

何もわざわざ今行かなくても…と思ってしまったりするのですが。

どうしても行くという方は、必ず外務省のサイトの海外安全情報はチェックしていくと良いでしょう。

外務省の呼びかけ

【パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起】

不必要な外出を控える、事件現場周辺には近づかない、テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設、公共交通機関、観光施設、デパートや市場など不特定多数が集まる場所)は可能な限り避け、万が一そうした場所を訪れる際には周囲の状況に注意し、不審な状況を察知した場合には速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意を払うようにする事

です。

充分な情報を入手して、必ず安全情報を見極めた上での渡航をおススメします。

ちなみに、海外にはよく行く私ですが、今現在の状況でしたら、私でしたらパリに行きません。

今の状況で、パリに行っても楽しめないと思うからです。

今現在も、充分な警戒が行われてるパリですが、これ以上テロが拡大しない事を祈るしかありませんね。

個人的な意見ですが、イスラムの宗教がらみの戦争に、イスラム教を理解しない国があまり首を突っ込むのもどうなのかな…と思わないでもありません。

被害の拡大が恐ろしいかな…と。

あくまでも、個人的な意見です。

これ以上、色々な国にも被害が拡大しませんように。