ベトナムのリゾート地、ニャチャンが近年話題を呼んでいます。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150605203552j:plain

開発されたリゾート地として、多くの人々を魅了しているニャチャンの海ですが、実はニャチャンの海で遊ぶ時には注意しなければならないことがあります。

ベトナムのリゾート地ニャチャン解説!ニャチャンとは

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150605203613j:plain

ベトナムのリゾート地であるニャチャンは、古くからベトナムのリゾート地として栄えた地です。

町全体が、7キロにもわたる白砂の砂浜に沿って発展した町で、アジアの喧騒と海のリゾートを両方楽しめるという事で、人気を呼んでいるリゾート地です。

ロシアに近い南国と言う事で、多くのロシア人たちが訪れるリゾート地でもあり、海辺のレストランなどでは、ベトナムでは珍しいロシア料理のお店もたくさんあります。

ベトナムのリゾート地ニャチャンの場所と行き方と

ベトナムのリゾート地、ニャチャンはベトナムの南部にある海沿いの街です。

ニャチャンへの行きかたは

  • 飛行機
  • 列車
  • バス

と三通りの行きかたで行くことができます。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150605203625j:plain

飛行機であれば、ホーチミンから約60分程、ハノイからでも約1時間半程で到着します。

私たちは、ホーチミンから列車でニャチャンへ行きましたが、7時間で行くはずが、アジアの国でよくある遅れなどがあり、8時間半程かかりました…

※今から10年程前の話です。

ホーチミンからバスで行く場合には、8時間から10時間程で到着するようです。

電車やバスを利用してニャチャンへ行くという場合には、ある程度余裕を持った日程を組んでおくことをお勧めします。

最近は、飛行機も安くなってきてるので国内の移動も飛行機が便利ですね(^^;)

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150605203640j:plain

ベトナムのリゾート地ニャチャンのベストシーズンは?

ニャチャンがリゾート地として発展した理由に、一年中気候が良いことが挙げられます。

1月から8月までは、乾季で、特に気候がよい時期とされています。

ベトナムは、9月から12月までが雨季とされています。

なるべくなら、雨季を避けてニャチャンに行くことで、快適な滞在ができるでしょう。

ベトナムのリゾート地ニャチャンの治安は?

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150605203650j:plain

ベトナムは、基本的に治安はそんなに悪くは無い国です。

治安は悪くありませんが、首都ホーチミンやハノイなどでは、バイクに気を付けなければなりません。

バイクの数がびっくりする程多く、隙間を縫って走ってくるバイクも多いためです。

3人乗りや4人乗りのバイクなども多く、取り締まりは行われてはいるものの、まだ間に合ってない状況です。

初めてベトナムに行くという方は、あまりにもうるさいクラクションの音に圧倒されることでしょう。

ただし、ニャチャンにおいてはそんな事はありません。

静かなリゾート地です。

ベトナム

治安も、都市部よりも更に良いと感じられました。

安心してニャチャン滞在中は過ごすことができるはずです。

そうは言っても、ニャチャンは海外です。日本から一歩出たら、貴重品の管理は徹底するべきでしょう。

ベトナム

ベトナムのリゾート地ニャチャンの観光は?

ニャチャンと言ったら、リゾート地です。

ニャチャンの一番の観光スポットと言えば、長く続く白砂のビーチでしょう。

海辺のレストランでまったりするのもありですね(^^

また、市内観光も良いですし、ダム市場を見学してみるのも良いでしょう。

市場は活気で溢れています。

普段目にすることも無いような食材を目にすることができるかもしれません。

海外の市場は、面白いもので溢れています。

市場の人たちと触れ合うのも楽しいひと時となるでしょう。

ニャチャンの海で絶対に気を付けなければならない事とは?

ベトナム

ニャチャンの海で気を付けなければならないことがあります。

海で泳ぐときには、日本でも「クラゲ」に気を付けるはずです。

お盆を過ぎた頃から、日本の海にはクラゲが出始めますよね?

それと同時に、アカエイが出るという話も聞いたことがあるという方も多いでしょう。

ニャチャンの海では、巨大な「アカエイ」にも気を付けなければなりません。

ニャチャンの海で要注意!巨大なアカエイとは?

ベトナム

アカエイとは、日本を含む東南アジアの国々に生息するエイで、最大で全長2メートル程の大きさです。

2メートルっていうとかなりの大きさですよね?

東京湾や、三浦などでもアカエイは小さなものであれば、目撃されています。

巨大なアカエイは、近づかなければ特に問題はありませんが、万が一近づいてしまったり、ふんずけてしまったりして刺されてしまうと、クラゲの痛みと比べものにならない痛みが走ります。

尾っぽに毒の棘があるため、要注意なのです。

ベトナム

ニャチャンでアカエイに刺された場合は?

アカエイは、おとなしい部類に入るため、近づかなければまったく危険はありません。

万が一、海で泳いでてアカエイに刺されてしまった場合は、とげを抜く必要があります。

トゲを抜いて傷口を洗い流す必要がありますが、一刻も早く病院に行くことが先決です。

海外旅行へ行く際には、必ず海外旅行保険に入っておくことをお勧めします。

いつ何があるかわからないため、保険に入っていれば安心ですよね?

海外旅行保険に入っておけば、日本人が電話口で対応してくれ、どこの病院に行けば良いか指示して貰えたりするのも安心です。

ベトナム

以上、ニャチャンは通年、基本的に快適な滞在が出来るリゾート地として大変人気が高いエリアです。

リゾート開発も進み、素敵なホテルも多々出来ています。

【ニャチャンのホテル アゴダ】

海で遊ぶ場合には、頭の片隅にでも巨大なアカエイの存在を入れておくことで、いざという時に対応ができるでしょう。

そして、海外旅行保険にも関らず加入してから行くことをお勧めします(^^