ミャンマーという国をご存じでしょうか。

ミャンマー

最近、インフラが整ってきつつはありますが、まだまだ発展途上国と呼ばれるミャンマーです。

その昔は「ビルマ」と呼ばれる国でした。

ビルマの竪琴が有名なのではないでしょうか。

そんなミャンマーですが、医師不足、そして看護師不足が深刻な国なのです。

ミャンマーの場所とミャンマーという国について

ミャンマーは、インドシナ半島の西端にある北緯10~28度の場所にある国です。

ミャンマー

首都は「ヤンゴン」でしたが、2006年にヤンゴンから北へ300キロ程離れたネピドーという町に移されています。

私がミャンマーへ行った時の首都は「ヤンゴン」だったため、どうしてもヤンゴンだといってしまいそうではありますが、今はネピドーなので(^^;)

ミャンマーは多民族国家で、仏教徒の多い国です。

気候は、熱帯モンスーン気候に属し、雨季、乾季とある国です。

「たなか」と呼ばれる白い粉を顔に付けた女性が印象的な国、ミャンマーです。

ミャンマー

タナカとは、ミャンマーの日焼け止めのことを指します。

ミャンマーのインフラの整備

ミャンマーは、諸外国の投資により、インフラが整えられてきています。

ミャンマーに不動産投資をされてる方も、実は多いのではないでしょうか。

私の知り合いの不動産関係の方なども、数年前からミャンマーの土地を結構購入したりしていました。

ミャンマーという国は、数年前までは道路もまだまだ未整備の場所が多く、でこぼこ道が続いていました。

道路の舗装を強化し、都市部では道路も整いつつあります。

地雷なども、かなり減ってきているため、地雷で病院に行くという方の数もかなり減ったようです。

電力に関しては、今だ不足してる状態で、特に3~5月にかけてはダムの貯水量が低下するため、停電が多かったりします。

なぜなら、ミャンマーという国は水力発電に頼ってる国だからです。

都市部と田舎部では、かなりの差が出てきているというのが、今のミャンマーの現状なのではないでしょうか。

インフラが整ってきているのと同時に、ミャンマーの都市部の家賃はかなり値上がりをしてきています。

それと同時に、ホテルも値上がってきているため、ミャンマーでホテルに宿泊する際には、そこそこの値段を出さなければならなくなってきています。

ミャンマーは、ただでさえホテルが少ないので、ミャンマーへの観光はバックパッカーには少し難しくなってきているのではないでしょうか。

ミャンマーの医療問題と現状とは

ミャンマー

前述の通り、ミャンマーと言う国は都市部と地方都市などでは、かなりの差が出てきています。

特に地方都市では、医師の不足が深刻な問題となっています。

また、ミャンマーという国の特徴ではありますが、医師の数より看護師が少ないというのもかなりの問題です。

理由は、看護師を要請する施設が少ないためです。

また、医師や看護師の給料の低さも、ミャンマーの抱える問題でもあります。

ミャンマーでは、

富裕層の方は、それなりの医療保険サービスを受けられることができますが、お金のない人は、病院の前で門前払いされてしまうというのが現状となっています。

ミャンマーの医療は、ミャンマーの物価から考えるとかなり高額なためです。

ミャンマーの医療費の現実

ミャンマー

ミャンマーでは、病院にかかりたいと思ったら、まず病院を受診する前に、医師紹介をして貰える所に支払をしなければなりません。

薬も高いですし、採血なども高額です。

また、注射針などもその都度購入しなければなりません。

これでは、お金のある人しか病院に行くことが出来ません。

お金が無い人は、苦しくても病院に行けずに我慢するしかないのです。

GDPの約0.3パー円としか、保険医療に充てられないというのが特に問題でしょう。

ミャンマー特有の病気とは

ミャンマーを含む、東南アジアの国々では、伝染病が時期によって流行します。

ミャンマー

代表的なものとして

  • マラリア・エイズ
  • 赤痢
  • ウイルス性肝炎
  • デング熱
  • 狂犬病

など、様々な伝染病が存在します。

特に、雨季の時期など衛生環境が悪くなると、拡大する恐れもあります。

また、蚊を媒体にする伝染病も多く、雨季には蚊も多く発生するため、多くの伝染病が流行することがあります。

中には、予防接種によって防ぐことができる伝染病もありますが、残念ながら予防接種がない伝染病もあります。

致死率が高い伝染病もあるため、注意が必要です。

そんな時に病院に行けないとなると、本当に命取なのです。

ミャンマーで医療設備が整った病院とは

ミャンマーにも、医療設備が整った病院はあります。

ヤンゴン郊外にある「Pun Hlaing International Hospital」などがそれにあたります。

ただし、日本人の駐在さんなどは、何かあった場合には、タイのバンコクまで飛ぶことが多いようです。

タイのバンコクにある病院は、かなり設備の整った病院も多く、快適な個室で入院生活を送ることもできます。

一度友人が入院したため、バンコクの病院を訪れましたが、ホテルのような病院でびっくりしました。

私が旅をする前にバンコクの病院で予防接種をした際の病院も、普通に綺麗な病院でした。

注射をする際には、その病院でも注射器と薬は購入するシステムでしたが…

ミャンマー

今後、ミャンマーの課題として、医療を整えることも課題の一つなのではないでしょうか。

発展を遂げるうえで、充分な医療が受けられるというのは必須のことだと思われます。

インフラが整い、ミャンマーという国がどう変わっていくのか、見ていくのも面白いでしょう。