【追記あり 一番下】 

北京のPM2.5による大気汚染の被害が、11月30日に今年の冬最悪な状態が記録されました。

【北京のPM2.5による大気汚染今年冬最悪に】PM2.5の原因と日本への影響と20151203232258j:plain

街は真っ白で、先を見通せない程の大気汚染で、高速道路が通行止めになり、学校なども屋外活動が停止されたようですね。

中国の北京のPM2.5は、なぜこんなに深刻化してきたのでしょうか?

原因と、日本への影響についてみていきましょう。

中国の北京の大気汚染!PM2.5の被害がかなり深刻な状況?

北京では、前々から大気汚染が酷い事はたびたび報道されてますが、今年の冬は、さらに悪化してかなり深刻な状況なようです。

11月30日の夜には、PM2.5の濃度が基準値を大幅に越え、視界が見えない程の状況でした。

中国では、天気予報と同様に、大気汚染情報も報道される事になっているため、毎日チェックされてるようですね。

11月29日の大気汚染予報(AQI)では、4段階あるうちの2番目の黄色から、三番目のオレンジ色へ引き上げられました。

一番最悪の赤にしてもおかしくない程の大気汚染のようですが…

北京の様子を見ていると、マスクをして歩いてる人々が目立ちました。

日本大使館では、北京に在住してる日本人の人たちに、なるべく外出は控えて、家のドアや窓などにテープを貼るように呼びかけてました。

【北京のPM2.5による大気汚染今年冬最悪に】PM2.5の原因と日本への影響と20151203232306j:plain

北京の大気汚染!PM2.5の原因は?

北京のこんなにも酷い大気汚染の原因は、何なのでしょうか?

政府からの発表では、車の排気だという事ですが、どうみても車の排気だけではありませんよね?(>_<)

工場などから出る有害物質なども、すごい事になってるでしょうし、色々な原因があるはずです。

そもそも、中国では粗悪なガソリンが使われてますし…

10年前と比べると、北京では肺癌になる方が43パーセントも増加したようです。

タバコの影響もあるかもしれませんが、大気汚染の影響も…絶対になきにしもあらずですね。

以前、テレビで中国にガンの村があるという報道を観た事があります。

中国東部の浙江省にある塢里村という所で、ガンを発症する人たちが異常に多く、マスコミに取り上げられた、そんな村です。

理由は、農村地帯だったその村に建てられた多くの工場から排出されるも毒薬なのではないかと言われています。

高度経済成長のツケが、こういう所に出て来てるのが中国なのです。

先の事にばかり目を光らせているため、後処理まで手がまわっていないという事なのでしょうか。

【北京のPM2.5による大気汚染今年冬最悪に】PM2.5の原因と日本への影響と20151203232317j:plain

PM2.5の影響!呼吸器だけではなく脳へも影響?

PM2.5の影響で、喘息などを発症する方がとても多いようですね。

PM2.5は、実は呼吸器への影響だけではなく、脳へのリスクも出てくるとの事。

大気汚染による体への影響は、かなり深刻です。

北京を、黄砂とPM2.5が重なる時期2月から5月に旅行される方は、かなり注意が必要でしょう。

【北京のPM2.5による大気汚染今年冬最悪に】PM2.5の原因と日本への影響と20151203232330j:plain

北京の大気汚染の影響が日本へも!?

北京の大気汚染の影響は、日本や韓国へも出てきています。

風に乗って、飛んでくるため、沖縄や九州などは特に被害をこうむりやすい状況です。

お子様やお年寄りなどは、特に注意が必要でしょう。

今後、さらに日本への被害も深刻になってくる事が予測されます。

あまり呼吸器の調子が良くないと言う方は、外出時のマスクは、必須と言えるでしょう。

オススメなのが、高機能マスクです。

どうしても北京に行く予定がある…という方などは、PM2.5を予防できる高機能マスクを着用するなど、対策をしていく事をお勧めします。

TV、新聞で取材殺到の使い捨てPM2.5マスク。半年待ちになった人気商品。【個別包装】【個包装】…

北京の寒波はPM2.5の影響なの?

先月、北京では寒波に見舞われ、大雪になったとのニュースを観た方は多いのではないでしょうか?

北京の寒波は、今年は異常で11月の気温がマイナス10度以下の日も多かったようです。

大気汚染の影響で、人為的に氷河期が北京に到来したという事です。

10月頃から、北京では既にPM2.5の被害が深刻化し、11月末の最大級の被害に繋がったようです。

これから先、中国はどうなって行ってしまうのでしょうか?

先日上海に行きましたが、上海の大気汚染はそこまで感じられませんでした。

もちろん、空気は排気であまり良いとは言えませんでしたが…

既に、中国だけの問題ではなくなってきています。

中国は、もっと地球温暖化に対して深刻に受け止めるべきですよね?

【追記】

2015年12月7日、ついに北京の大気汚染の警報が赤色になりました。

オレンジ色から赤色になったのは、初めての事です。

車の一日置きの通行禁止(ナンバープレートの奇数か偶数かで分ける)、工事現場の作業の停止、そして幼稚園、小中学校などの休校の措置が取られている状況です。

中国が、赤色警報を出すという事はよほどPM2.5による大気汚染が深刻化していると言う事です。

映像でしか見てませんが、大気汚染でここまで何も見えなくなるの?という状況でした。

早く赤色警報が解除されると良いですね。