2016年の旧正月ももうすぐです。

タイの旧正月っていつ!?旧正月とソンクラーン(水かけ祭り)との関係:sekaiissyuuhuhu:chikyudiary.com:20160201122452p:plain

日本にいると、旧正月って何?という感じですが、海外にいると旧正月は意識しなくてはならない行事です。

タイでも、旧正月のお祝いはするのでしょうか?

タイの旧正月はいつなの?

2016年は、アジア圏の旧正月は2月8日からスタートします。

そんな旧正月ですが、中国を始め、台湾、香港、ベトナム、韓国、シンガポールなどのアジアのあらゆる地域でお祝いが行われます。

参考記事
⇒【2016年アジア圏の旧正月】旧正月の期間と旅行する際の注意事項と

しかしながら、タイの旧正月は2月8日ではありません。

タイの政府が制定する旧正月は、4月13~15日までのソンクラーンの期間であり、祝日になっています。

もちろん、タイという国は中華系の方々がとても多いため、2月8日の旧暦の旧正月を祝う方々もたくさんいます。

チャイナタウンのお店などは、ガラガラになり、どこも閉まってるような状態です。

※私が旅した時の少し前の情報なので、2016年のチャイナタウンはどうなのかは分かりません。

ショッピングモール内の食堂なども、閉まってたりする所がありました。

政府が認めた旧正月ではないにせよ、中華系の方々にとっては大事なお正月ですからね。

仕事を休んでお祝いをされる方も多いのでしょう。

実際に、日本で仲良くなったタイの方もこの旧暦の旧正月に合わせて帰省してました。

なんでタイの旧正月はソンクラーンの4月なの?

タイの旧正月っていつ!?旧正月とソンクラーン(水かけ祭り)との関係:sekaiissyuuhuhu:chikyudiary.com:20160201122511p:plain

それでは、なぜタイの旧正月はソンクラーン(水かけ祭り)にあたる4月13日から15日の間なのでしょうか?

理由は、チャントラカティと呼ばれるタイの旧暦の新年にあたるのがソンクラーンだからです。

ソンクラーン (ソンクランとも) とはタイにおける旧正月のことであり、チャントラカティ(タイの旧暦)の新年である。

現在、政府によって4月13日から15日(仏暦・西暦)に固定されており、祝日になっている。

wikiより抜粋

ソンクラーンは、もともとは仏像などをお清めしたり、年配者の方のお清めをする期間だったようですが、いつの間にか今現在のような水かけ祭りに発展していったようです。

もちろん、今現在でも年配者の間では、きちんと仏像などのお清めは行われています。

タイという国も、発展していくにつれてそのような伝統が少しずつ失われつつあるのでしょうか(^_^;)

タイにおける仏暦と新暦

タイの旧正月っていつ!?旧正月とソンクラーン(水かけ祭り)との関係:sekaiissyuuhuhu:chikyudiary.com:20160201122536p:plain

タイでも、今現在は新暦が採用されています。

仏暦から新暦に変わってからは、1月1日に新年を祝う伝統も生まれています。

タイの大晦日は、花火や爆竹などで新年を祝ったりしています。

結構海外では、大晦日の日に花火が上がったりするのは良くある事ですね。

ソンクラーン期間中に旅行される方への注意事項

タイのソンクラーン期間中は、タイの方々も移動しますし、世界的に有名なお祭りのため、世界中から多くの方々が集まります。

もし、2016年のソンクラーンに参加したいと思われてる方は、今のうちから宿などを予約しておく必要があります。

タイ発祥のアゴダはタイのホテルが最安値の事が多いで

【アゴダ agoda】

宿は、良い所からどんどん埋まっていき、バックパッカーの方は現地についてから宿を抑えればいいかな、と思われるかもしれませんが、宿が無くて野宿なんていう事にもなりかねません(^^;)

この期間だけでも、早めの予約が吉です。

バンコクのみならず、パタヤやチェンマイもほぼ同じ日にちなので、チェックしておくと良いでしょう。

ソンクラーンの期間中は、もちろん色々なお店が閉まってます。

バンコクなどでは、田舎に帰る方も多く、屋台などもあまりいなかったりします。

また、水かけまつりに参加するつもりが無くても、街を歩いてるだけで参加してるものとみなされ、大きな水鉄砲などで水をかけられますので注意が必要です(^_^;)

日本でもソンクラーンのイベントが行われるの?

日本でも、2015年は4月に代々木公園でソンクラーンフェスティバルが行われたようですね。

タイの伝統舞踊やら、タイ人シェフが作るタイ料理などを堪能する事が出来たイベントだった模様です。

今年2016年も行われるのでしょうか?

いずれにしても、タイフェスは毎年行われてますよね。

日本にいながらタイを堪能できる、貴重なイベントなのではないでしょうか。

2016年、タイの旧正月にあたるソンクラーンの期間はタイにいる予定です。

現地から、生のレポートをさせて頂きたいと思います(^^