2015年6月1日、道路交通法が改定され、自転車でもルール違反をすると講習を受けなければならなくなりました。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150602182312j:plain

自転車運転者講習制度の詳細は、どうなってるのでしょうか?

2015年6月1日施行!自転車運転者講習制度とは

2015年6月1日、道路交通法が改正されることになり、自転車を運転する
方たちにとっても大変な法律が施行されました。

正式名称は、「自転車運転者講習制度」という名前で、3年以内に二回違反をしてしまうと、3時間の講習を受けなければならなくなったのです。

講習を受けるのには、【5,700円】
の講習代金がかかります。

違反を3年間のうち2回してしまうと、5,700円支払わなければならないのと同時に、3時間講習を受けるために時間を作らなければならなくなりました。

講習を受けないでいると、5万円以下の罰金を支払う義務が生じてしまうので、注意が必要です。

自転車運転者講習制度の対象年齢とは

自転車運転者講習制度の対象年齢は、14歳以上とされています。

大人だけが、対象とされる訳ではなく、14歳以上の方の場合は対象とされる事になっています。

講習を受けなければならない対象者は、

  • 2回以上の取り締まりを受けた方
  • 2回以上の自転車での交通事故を起こした方

です。

自転車運転者講習制度!どんな事が取り締まりされるの?

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150602182401j:plain

具体的に、どんな違反をしてしまうと取り締まりの対象になるのでしょうか。

自転車の運転者の場合、車の運転者と違って、免許を必要とする訳でもありません。

そのため、自転車の交通ルールは曖昧なところがあるというのが日本の現状なのではないでしょうか。

小さい頃に、「自転車は左側通行だよ」と教えられたり、二人乗りはダメだよ。と言われたり、とその程度の方がかなり多いはずです。

左右確認せずに飛びだし、車とぶつかる事故が起こることも多々あります。

事故が起こる前に、自転車も取り締まりをするというのが、今回の道路交通法改定の目的のようですね。

  • 左側通行
  • 信号無視
  • 通行禁止の道に侵入
  • 一時停止違反
  • 車道の逆走禁止
  • 歩行者道路はNG
  • 遮断機が降りた踏切への立ち入り
  • 整備不良
  • 飲酒運転

などが挙げられます。

当たり前のことと言えば当たり前のことですが、知らない。もしくは、大丈夫だと思ってたという方がかなり多いようです。

これに加え

  • イヤホンを聞きながらの運転
  • スマホをいじりながらの運転

などもNGです。

イヤホンをききながら自転車を運転してては、周りの音が聞こえません。

車のクラクションも聞こえない恐れがあります。

スマホをいじりながらの運転も、問題外です。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150602182355j:plain

自転車は免許がないので、どこで学んだらいいの?という方も多いかもしれません。

警視庁のHPなどをみると、色々書かれてたりもします。

自転車事故を起こす前に!気を付けることで防げる事

自転車事故は、あまりテレビなどで話題にならないだけで、日常茶飯事に起きています。

大きな事故にならない限り、報道などはされないためです。

運転に気を付けることで、防げることはたくさんあります。

自転車も車と同じだという事を、認識するべきでしょう。

車を運転される方は、自転車の危険さについて良く分かってるはずです。

一時停止しなければならない道を自転車が突然飛び出してきたりと、冷や冷やした経験などはありませんか?

スピードを出して走ってる自転車は、止まろうと思っても突然止まれません。

自転車であっても、人に怪我をさせてしまったりしたら、後々大変なことになってしまいます。

賠償金なども必要になってしまったりすることもよくあることです。

そんな事にならないためにも、自転車保険に加入してみるのもありでしょう。

いざと言う時に安心!自転車保険とは?

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150602182344j:plain

いざという時のために、自転車保険に入っておくというのも一つの方法です。

自転車の自転車運転者講習制度が出来たという良い機会でもありますので、自転車保険について考えるきっかけにしてみるのもありでしょう。

自転車保険は、毎月の支払いは安いのにも関わらず、結構な保障がつく保険が多かったりします。

年間3500円程度の保険からあり、事故を起こしてしまった場合などに保障して貰える保険となっています。

示談代行サービスがある保険もあるので、いざという時に安心です。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150602182335j:plain

また、保険によっては自分だけではなく、家族の保障もついてる保険もあるため、お子様が事故を起こしてしまった場合などにも対応できる保険もあります。

高いものではないので、自転車を日常利用されるという方は、これを機会に自転車保険も検討してみてはいかがでしょうか?