インドの紅茶の産地であるアッサムで、大雨による被害が拡大し、40人が死亡、更に150万人以上に被害が出ているとのニュースです。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150910121028j:plain

8月下旬から、インドのアッサムでは大雨が降り続き、かなりの被害が拡大しています。

インドのアッサム地方で大雨の影響で被害拡大中とのニュース

アッサムと言えば、ミルクティにも良く合うアッサムティで有名です。

世界的に有名な紅茶の産地で、日本でも多くの人たちがアッサムティを飲んでいるのではないでしょうか?

ミルクにもよく合う紅茶として、多くの人々に愛されている紅茶です。

そんな紅茶の産地、アッサムで2015年8月下旬から大雨が降り続き、洪水や土砂崩れが起こった影響で40人以上の死者がでています。

また、150万人以上の人々に被害が及び、避難している人々が多い状況です。

州を流れているブラマプトラ川も、一部で危険な水位に達している様子です。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150910121039j:plain

インドのアッサム地方での大雨は何の影響なの?

インドは今現在雨季の終盤に差し掛かっています。

インドの雨季では、各地でモンスーンによる被害が多発しています。

今回のアッサムの大雨による洪水や土砂崩れも、モンスーンによる被害です。

先日、西ベンガル州などでも被害が出たばかりです。

インドの家は、あまり頑丈に作られていなかったりするため、洪水が起こると流されてしまう家も多い状況です。

今回のアッサムの洪水でも、多くの家が水没し、上空からの写真では屋根しか見えてないような状況です。

インドなどではよく見かける光景ですが、大雨で洪水が起こるとイカダやボートなどで荷物を持って移動する人々の姿が目立ちます。

すべてが川になってしまったような、ものすごい水量です。

インドの雨季は、6月から9月で、もうそろそろモンスーンの影響による大雨も落ち着く季節に差し掛かります。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150910121046j:plain

インドの大雨によるインド経済への影響

今回のインドのアッサム地方の大雨では、紅茶への影響は出ていないようです。

紅茶への被害が出てしまうと、インドの経済にかなりの大打撃を与える事になるのではないでしょうか。

実際に、アッサムの葉は世界中に輸出されています。

世界中、どこにいてもアッサムの葉っぱを目にしました。

ただし、紅茶への影響は出ていないとしても、農作物への影響は多大だと言えます。

農作物が大雨で取れなくなると、多くの人々が貧困に苦しむことになります。

また、インフラ整備のために、政府はお金を投資しなければなりません。

2015年、今年のインドの雨季には多大なモンスーンの影響による被害が発生しています。

インド経済への影響は、計り知れないでしょう。

雨季が終わると、インドも旅行しやすい季節になります。

暑さもやわらぎ、各地を旅行するのに快適とは言わないまでも、旅行しやすい季節です。

観光産業にお金を落とすことで、インド経済が少しでもまわるようになればと思います。

今すぐには無理ですが、インド、ネパールはゆっくりと旅をしたい地域です。

お腹も壊したし、ブドウ球菌にやられ食中毒を起こし、大変な目にあいましたが、それでもインドは大好きです。

自由にどこにでも行ける身分になったら、すぐにでも飛んで行きたい場所なのです。

インドの洪水の被害が早く、解消されますように。

それと同時に、今現在起こってる関東地方、栃木、茨城の日本の大雨の被害も縮小しますように。