韓国のmers(マーズ)ては、日々拡大し本日の発表によると死者19人、死者を含む感染者数154人との報道です。

また、5200人超が隔離対象者であり、その中に日本人も20人から30人ほど含まれていた模様です。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150614235516j:plain

隔離対象者の日本人は、既に日本に帰国していて、mersの検査結果は陰性反応だったとのニュースです。

mers(マーズ)の症状ってどんな感じなの?

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150603143305j:plain

韓国で発祥したmers(マーズ)の症状は、どういった症状なのでしょうか。

mers(マーズ)は、中東呼吸器症候群と呼ばれ、コロナウイルスによるウイルス症です。

症状としては、発熱、咳やくしゃみ、そして息切れなどの呼吸器疾患を引き起こすウイルスとされ、致死率が40パーセントにものぼります。

mers(マーズ)により脳症を発症するリスクも少なからずあるようです。

症状としては、そんなに重篤な症状と言う訳ではありませんが、致死率が40パーセントと言うのが気になる所です。

ただし、正確に言うとmers(マーズ)は免疫力が既に弱ってる人、心臓などに疾患がある人、糖尿病を患てる人などが感染すると危険な病気とされています。

高齢者の方たちも、免疫力が弱っている場合が多いため、重篤になりやすいとされています。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150603143603j:plain

そのような人たちが感染することで、致死率を上げているというデーターもあるため、致死率40パーセントに関しては何ともいえない所ではあるようです。

が…

mers(マーズ)を発症しないに越したことはありません。

mersに2015年2月に感染したドイツ人男性が、5月にmersから回復したが、6月6日mersの合併症の肺疾患で亡くなったというニュースもあり。

やはり感染を防ぐのが、一番安全な方法なのではないでしょうか。

mers(マーズ)に対する韓国政府の対策とは?

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150608140651j:plain

mers(マーズ)に対する韓国政府の対策として、韓国に旅行に来た外国人がmers(マーズ)を発症してしまった場合、

・韓国旅行の費用を全額韓国政府が負担する

・治療費も全額政府が負担する

・帰国後にmersが確認された場合でも、同様の助成金を頂ける

という韓国政府がすべて支払いをするという保険案がだされました。

これに対しては…

各国から厳しい意見がたくさん出されてるようですが…

特に最後の帰国後にmersが確認された場合…

というのは、いかがなものかと個人的にも思います。

本来ならば、これ以上mers(マーズ)が拡張しないためにも、観光業が赤字だとかそんな事を言う前に、今は韓国に近づかないで…などの対策が出来れば一番良いのでは…と思うのですが。

そんな訳にもいかないのでしょうか。

香港では、韓国への渡航自粛勧告が既に出されたようですね。

韓国へ渡航する中国の人々もかなり減少したとか。

いずれにしても、早めのmersの終息を願うばかりですね。

mers(マーズ)の感染と潜伏期間は?

mers(マーズ)は、ラクダなどから感染したコロナウイルスとされています。

また、人から人への感染はするとされていますが、激しいウイルスの拡大は無いようです。

空気感染は、しないとされています。

mers(マーズ)の感染は

  • 咳やくしゃみによる飛沫(ひまつ)感染
  • 分泌物などの接触感染

とされています。

危機管理をすることで、mers(マーズ)を最大限予防することは可能です。

なお、mers(マーズ)の潜伏期間は1日~12日間とされ、最長でも2週間とされています。

mers(マーズ)のワクチンや治療方法は?

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150608140656j:plain
mers(マーズ)のワクチンは、残念ながら今の現段階ではないとされています。

また、治療方法もありませんので、マーズを予防するしか今のところ方法はありません。

mers(マーズ)に感染しないように、予防することで人から人への感染を防ぐことが出来ます。

mers対策!mers(マーズ)を予防する方法は?

自分で出来るmers(マーズ)を予防する方法をご紹介します。

  • ラクダなどには近づかない
  • 外から帰ったら、手洗い、うがいなどは徹底する
  • 免疫力を高める生活をする(食事、睡眠、規則正しい生活)
  • なるべく生ものなどは避け、加熱した食品を食べる
  • アルコール消毒する
  • 外出時はマスクで予防する

これらの事を徹底することで、マーズを予防することが可能になります。

アルコール消毒品などは、ご近所の薬局などでも購入できますが、もしものために備えておくと良いでしょう。

参考記事
⇒【mers(マーズ)対策最新情報 マーズ予防に効果大のピッタリッチとは?

ウイルスの感染を最大限に予防することが出来るマスクも、日本で作られています。

マスコミなどでも大変話題のマスクで、花粉やその他のウイルスの予防も出来るマスクです。

何度も繰り返し洗って使えるマスクなので、結果的には経済的になりますし、安心を買えます。

mers対策はお済ですか?