数日前のお話です。

戦場のピアニストとアウシュビッツ強制収容所

旅のコンサルをしてるのですが、これから世界一周へ行くという方に「ポーランドって行くべき場所なんですか?」という質問をされました。

私がポーランドへ行きたかった理由は、「アウシュビッツ」と「ビルケナウ」です。

戦場のピアニストとアウシュビッツ強制収容所
アウシュビッツ強制収容所は、是非ともこの目で見ておきたいと、映画「戦場のピアニスト」を観た時から、ずっと思ってました。

【名作】戦場のピアニストとは

戦場のピアニストと言う映画をご存じの方も多いかと思います。

私は、映画も本も大好きなのですが、特に戦場のピアニストはかなり好きな作品です。

まさに、第二次世界大戦中のポーランド、ドイツが舞台の映画です。

ナチスの支配下のもと、ユダヤ人の迫害。

戦場のピアニストとアウシュビッツ強制収容所

そんな中を生きた、ユダヤ人ピアニストの人生、そしてドイツ将校とのお話です。

戦場のピアニストとアウシュビッツ強制収容所

自由を求めて列車に乗った先は、ガス室だった…

第二次世界大戦直後に、「戦場のピアニスト」は発刊されましたが、ポーランド政府により闇に葬られました。

そして、数十年経過後、

原作者であるシュピルマンは、彼を助けたドイツ人大尉の日記も一緒に載せる事を条件に、この本の再発刊を承諾した本です。

戦場のピアニストとアウシュビッツ強制収容所

映画は、かなり原作に忠実に描かれてました。

アウシュビッツ強制収容所とビルケナウと

戦場のピアニストとアウシュビッツ強制収容所

アウシュビッツ強制収容所は、いわゆる「負の世界遺産」と呼ばれるものです。

世界中から多くの人たちが今でも訪れ続ける、そんな場所です。

アウシュビッツにたどり着いたその時から、空気はとても冷たく、ただならぬ雰囲気の場所でした。

冷たい雪も手伝ってかもしれません。

そして、写真を撮るのも、本当に躊躇してしまう、そんな場所でした。

※ビルケナウ=アウシュビッツ第二強制収容所で、アウシュビッツより大き目です。

シンドラーのリスト(戦争時のユダヤ人迫害の映画)の舞台となったのがビルケナウです。

戦場のピアニストとアウシュビッツ強制収容所

【働けば自由になる】

アウシュビッツ収容所で、ユダヤ人たちが言われ続けた言葉であり、実際にアウシュビッツの入り口に書かれている言葉です。

映画「戦場のピアニスト」にも出てきます。

戦場のピアニストとアウシュビッツ強制収容所

強制労働の末、体を壊して亡くなってしまう人たち

ガス室送りにされてしまう人たち

何もわからずに、ただ働き続ける人たち

戦場のピアニストとアウシュビッツ強制収容所

実際に彼らが寝泊まりしてた部屋を見ることも出来ます。

世界を周るのであれば、絶対に訪れてほしい、そんな場所だと思います。

戦場のピアニストとアウシュビッツ強制収容所

そして、「アウシュビッツ、ビルケナウ」に行くのであれば、まずはもっとアウシュビッツの事を知ってほしいと思います。

歴史を知ってるのと知らないのでは、感じることも絶対に違うはずです。

戦場のピアニストとアウシュビッツ強制収容所

アウシュビッツの場所とアウシュビッツへの行きかた

アウシュビッツへは、ポーランドのクラフクから、バスで2時間程で到着します。

戦場のピアニストとアウシュビッツ強制収容所

クラフクの駅からアウシュビッツのある「オシフィエンチム」までバスがあるので、窓口で往復のチケットを購入すれば、アウシュビッツの目の前まで行けます。往復1人28zloty(当時のレートで840円程)となっていました。

私たちは、レンタカーでヨーロッパは周遊していたため、そのままレンタカーでアウシュビッツへ向かいました。

戦場のピアニストとアウシュビッツ強制収容所

アウシュビッツからビルケナウまでは、無料のシャトルバスに乗っていくことが出来ます。

3キロ程離れた地点にあるので、歩くと結構な距離になるでしょう。

アウシュビッツへ行く前に観ておきたい映画など

冒頭で説明させていただきました【戦場のピアニスト】です。

これは、アウシュビッツへ行く前に必ず見ておくと良い映画でしょう。

次に、【シンドラーのリスト】です。

スティーブン・ スピルバーグの映画で、ナチスによるユダヤ人迫害の映画です。

ライフイズビューティフルも、当時の映画なので、見ておくと良いかもしれません。

ヨーロッパを周遊するのであれば、是非ポーランドには足を運んで頂きたい、そんな風に思います。

知らなければいけない歴史であり、忘れてはならない、そんな歴史の一ページなのだと思います。

ポーランド人の友人から、アウシュビッツへ行く前に、色々な話を聞きました。

日本人として、認識の甘さを感じました。

彼らが生まれて居なかったそんな時代の歴史ですが、かなり詳しく覚えています。

そして、人に伝えることが出来るのです。

日本であった戦争の事、誰かに話せますか?

私は残念ながら、話すことが出来ません。

日本の歴史、そして世界の歴史を知ることは、とても大事なことなんだと感じた、ポーランドアウシュビッツでした。

以上

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

戦場のピアニスト