2015年5月12日、ネパールのカトマンズで起きた大地震の最大の余震とみられる地震が発生しました。

現地時間で12時50分(日本時間で16時50分)に、マグニチュード7.3の地震が発生。
30分後に、再びマグニチュード6.3の地震が発生しました。

震源地は、カトマンズから北東76キロにある【コダリ】という町とのニュースです。

今回の5月12日発生の地震により、死者36人、1117人の負傷者が出たとの事です。

ネパール地震

ネパールのコダリの場所と地図

ネパールのコダリとは、中国との国境にあるネパール側の小さな町です。

カトマンズからコダリへは、乗り合いタクシー、もしくはバスで行くことができます。
あまり良い道ではないため、かなりのガタガタ道を通ること必至です。
コダリの近くにある温泉に行ったのですが、2011年に私が行った時は、あまり良い道とは言えない道でした。

ネパールで知り合ったネパール人の友人に連れてって貰った温泉です。

ヒマラヤ山中にある村なので、色々なヒマラヤの顔をみることができる地です。

バスでは、カトマンズからコダリまで、片道7~8時間程かかりました。

乗り合いタクシーは利用してませんが、乗り合いタクシーを利用すれば、時間は4時間程でカトマンズからコダリまで行けるようです。

ネパール地震!コダリが震源地、チベットやインドへも被害

中国との国境の町であるコダリが震源地の5月12日に起きたネパール地震の余震では、チベットやインドでも被害者が出た模様です。
チベットやインドに知り合いがいるという方も、気が気ではありませんね。

私も、ネパール大地震でかなりネパールの友人たちの安否が気になり、やっと友人たちほぼ全員の安否を知ることが出来た時だったのですが…

今回は、友人の方から連絡がきました。

「無事だから心配しないでね」と。

カトマンズにいる友人からも、メールが届いたので、今回はそんなに通信は麻痺してはいないようです。

もちろん場所によりけりだとは思われますが…
※今現在、私のネパール人の友人はカトマンズの【タメル】にいます。

前回の地震と同様、かなり揺れたと言ってました。

ネパール地震!ネパールのために私たちに出来ることとは

ネパール地震

友人からの5/12現在のカトマンズの写真です。

友人に「何か出来ることはないか?」
と聞いたところ、祈ってほしい。と言われました。

そして
「ネパールの現状を多くの人に知って貰いたい」と友人は言ってました。

今回の地震では、多くの人たちが地震が起きたと同時に、家から外に出たようです。
自分の身を守るすべを前回の地震で身に付けたのでしょう。

地震も、何度も続くと耐性が出来てきますが、そうは言っても日本と違ってあまり地震が無い国ネパールのため、かなり不安なはずです。
日本で東日本大震災が起きた時、不安な夜を過ごした方はかなり多かったはずです。

私も、東日本に住んでるため、そのうちの一人でした。

揺れが起こるたびに、ビクビクしていました。

日本のために何が出来るか。
多くの海外の人たちは、あの時協力してくれました。

今回は、私たち日本人も、ネパールのために出来ることをすべきだと思います。

一番役に立つのは、なんだかんだ言って「寄付」だと思います。

東日本大震災時のボランティアで痛感しました。

信頼の出来る筋を見つけ、寄付をすることが、ネパールの人々への助けになると思います。

何度も書いていますが、やはり多くの人たちの安全を祈るしかありません。

被害がこれ以上拡大しませんように。

前回の4/25日に起きた地震の記事は

コチラ⇒「ネパールでM7.9の大地震のニュース【カトマンズ、ポカラ】」