韓国mers(マーズ)中東呼吸器症候群の4次感染者が出た恐れがあるとのニュースです。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150613230825j:plain

4次感染したかもしれないと言われるのが、mers(マーズ)の3次感染者を運ぶ救急車の運転手で、搬送中に感染した疑いが強いとされています。

韓国mers(マーズ)の最新情報!感染者数は?

韓国では、mers(マーズ)中東呼吸器症候群の感染者が拡大しています。

2015年6月13日現在、死者数は14人となり、感染者数は138人とされています。

前述の、救急車の運転手さんの四次感染が確定すれば、四次感染者まで出てしまったという事態です。

mers(マーズ)の流行に伴い、韓国旅行を控える方が続々と出てきています。

今まで、各国から韓国旅行などを取りやめた人数は、2万人を超えているようです。

韓国mers(マーズ)の感染予防方法とは?

韓国への渡航を控えることは出来ますが、仕事などでどうしても韓国へいなかければならないという方も多いはずです。

そんな時は、mersを出来る限り予防できるように、自ら注意することです。

mers(マーズ)の感染を予防する方法をお伝えいたします。

mers(マーズ)は、くしゃみや咳などで、人から人へ飛沫(ひまつ)感染するとされています。

そのため、マスクなどの予防は大変有効とされています。

mers(マーズ)は、ものすごい拡張力があるというウイルスではありませんので、濃厚接触しなければ防げるとも言われています。

外から帰ったら、必ずうがい、手洗いを徹底すること。

そして、韓国では加熱が不十分な食べ物は出来る限り食べ無いようようにし、不衛生なものは口にしないようにしましょう。

特に、高齢者の方、糖尿を患ってる方などは感染してしまうと致死率が高まってしまう恐れがあるため、注意が必要です。

免疫力が低下している方も、移りやすくなってしまうので、韓国に行かなければならないという方は、万全の体制で韓国入りすることです。

韓国mers(マーズ)旅行キャンセルのキャンセル料は?

mers(マーズ)に感染したら困る。という事で、旅行をキャンセルする場合のキャンセル料はどうなるのでしょうか。

結論から言うと、今現在の状況では、キャンセル料は通常通り発生するという事になります。

日本が、韓国旅行の自粛を促してる場合には、キャンセル料は発生しなくなったりしますが、

今現在の状況では、

外務省のサイトでは、【mers(マーズ)に注意】位のレベルのため、キャンセルするのは自分側の理由という事になります。

もしも、外務省の通達を受け、旅行会社が旅行を取りやめた場合には、キャンセル料はもちろん発生しません。

が…

今現在、まだ旅行の自粛という訳ではありませんので、韓国旅行のキャンセル料は発生するという事になります。

いずれにしても、韓国旅行をキャンセルする場合は、早めのキャンセルが良いでしょう。

日にちが近づけば近づく程、キャンセル料は高くなってしまいます。

無断キャンセルなどは、旅行会社にも迷惑がかかりますので、持っての他です。

7月、8月、9月の韓国のmers(マーズ)の状況は、どうなっているか、まだ検討もつきません。

もう少し、経過を見てみるしかありません。

韓国mers(マーズ)釜山は大丈夫なの?

韓国で拡大してるmers(マーズ)ですが、釜山でも6月6日、陽性反応を示した男性が隔離されています。

釜山なら絶対に大丈夫という事は、もはやありません。

マスクなどの予防に努めるべきでしょう。

万が一、日本にmers(マーズ)が入ってきた時のことを考慮して、マスクの調達だけはしておくと良いでしょう。

いざ、拡大してからでは、今の韓国のようにマスクが足りない事態も予測されます。

マスクは、今購入しておいても、冬のインフルエンザで使用したり、特に腐るものではありません。

念には念を。

万が一日本にmersが入ってきた時に、mersで命を落とさないためにも…

マスクの準備は大丈夫ですか?


株式会社くればぁ楽天市場店