韓国では、2015年6月4日現在、mers(マーズ)=中東呼吸器症候群の感染者が35人にのぼったとの報道です。

f:id:sekaiissyuuhuhu:20150603143312j:plain

隔離対象者は、1300人とのことです。

【韓国mersのニュース】三次感染者が死亡?

韓国では、mersが拡大している状況です。

2015年6月4日のニュースによると、3日にmersに三次感染した方が亡くなったとのことです。

三次感染者が亡くなったのは初めてとのこと。

mersと言えば、致死率は40パーセント位と高いものの、感染力はそんなに高くはないとされている感染症でした。

mersの二次感染者の方と同じ病室にいたため、感染し、死に至ったようです。

今回のmersは、病院内での感染で、感染した方の体力や免疫力が低下していたため、感染し、死に至ったということなのでしょうか。

※あくまでも、私の予測です。

【韓国mersのニュース】mersの拡大してる地域は?

韓国のmersは、どこの地域で拡大を続けているのでしょうか。

mersの感染ルートは、韓国の首都、ソウルから南西65キロメートル程にある平沢市の病院です。

中東から帰国した男性が、入院した平沢市にある病院から、拡大していきました。

今現在は、平沢市にある病院は閉鎖されてる状況です。

また、mersに感染して死亡した男性の息子さんは、今現在中国でmersを発症し、中国の病院に入院中とのことです。

mersの感染が拡大してる地域が、ソウルの中心部から距離があることは、不幸中の幸いなのかもしれません。

万が一、ソウルの中心部でmersが拡大してしまったら…

もっと多くの感染者を出してしまってることでしょう。

【mersとは?】mersとsersの違いとは?

sers(サーズ)という言葉に聞きおぼえはないでしょうか。

2003年に、中国で拡大しsers(サーズ)により、海外から帰国した方などは厳重に警戒されてた時期がありました。

サーズは、重症急性呼吸器症候群と言う名の伝染病で、中国内では8,069人がsersに感染し、775人死亡したとの報告でした。

致死率は、そんなに高くはないのがsersの特徴です。

それに対してmers(マーズ)は、2012年中東で確認された伝染病で、中東呼吸器症候群と呼ばれています。

sersの致死率が1割程なのに対して、mersの致死率は4割程にものぼるという特徴があります。

ラクダやコウモリなどが、mersの感染源とされています。

sers、mersともに、コロナウイルスによる感染となっています。

mersは、人から人に感染しますし、三次感染での死亡も確認されているため、予断が許せません。

感染しないためにも、予防するに越したことがありません。

【韓国mers拡大】多くの旅行予定者がキャンセル?

韓国へ、渡航を予約していた中国人の方たちなどは、旅行のキャンセルが相次いでいます。

日本でも、外務省の海外安全ホームページでは、韓国渡航の注意を呼び掛けています。

韓国に旅行に行ったからといって、もちろんmersに感染する訳ではありません。

ただ、今後感染地域が拡大していく恐れもある訳です。

感染してしまい、帰国後に他人に迷惑をかけてしまう恐れもでてきます。

どうしても行かなければならない。という方は仕方ないかもしれません。

が、

延期しても差し支えないという方でしたら、延期も考慮に入れても良いのではないかと思います。

mers対策!一番しなければならない事とは

mers対策で、一番しなければならない事は、何でしょうか。

まずは、

  • 危険だと言われる場所に立ち入らないこと

が一番です。

「君子危うきに近づくなかれ」

まさにその通りだと思います。

その他は、いつどこでmersが日本に入って来て感染してしまうかも未知の世界です。

自分の身は自分で守るということです。

  • 外出時はマスクをすること
  • 帰宅後は、必ず手洗い、うがいを徹底すること
  • 生ものには気を付けること

簡単に出来ることですよね?

mersは、ワクチンがまだ無い感染症です。

ワクチンが無いという事は、後は予防するしか方法はありません。

mersの感染地域に行かなければならない。と言う方は、マスクなどを徹底し、感染しないように気をつけるべきでしょう。

少しでもおかしいと思ったら、すぐに病院に行くこと。

そして、必ず【渡航歴】を病院で話すことです。

拡大を防ぐためにも、最低限守らなければならないマナーですよね。

mersが日本に入ってこないことを、祈るばかりです。

2015年6月4日現在、日本でも念には念を入れて、空港での検疫が強化されました。

※一部訂正2015/06/08

「少しでもおかしいと思ったら、すぐに病院に行くこと。」

 ↓

「帰国して2週間以内に、発熱や咳などの症状が出た場合は、速やかに保健所又は最寄りの医療機関へ連絡し、指示を仰いでください。もちろん渡航先を伝えるのも忘れずにしてください。」