これから海外でロングステイしたい!という方が一番最初にするべきことって何?

これから海外にロングステイしたい。

という方から、よくメッセージをいただきます。

実際に、タイのチェンマイにロングステイしている私が思う一番最初にするべきことについてご紹介していきます。

海外でロングステイしたい理由を明確にすること

まずはじめに、なぜあなたは海外でロングステイしたいと思ってますか?

日本に未来を見いだせないからですか?

それとも、単純にその国が好きだからでしょうか?

お金の問題もあるかもしれません。

物価が上がっても収入が増えないことにしびれを切らし、物価の安い海外でのんびり暮らせたらいいかなと考える方もいらっしゃるかもしれませんね。

最初に言ってしまうと、どんな理由でロングステイしたいと思うかで、明暗が分かれるような気がしてなりません。

例えば、お金の問題などでロングステイに踏み切ると、「こんなはずじゃなかった!」ということになる確率がかなり多いように感じます。

その結果、行き場をなくしてしまう人を何人も見てきました。

物価が安いから!という理由でロングステイは決めるべからず

これから海外でロングステイしたい!という方が一番最初にするべきことって何?

海外にロングステイしたい。

移住したい。

という方の中で、お金の理由でロングステイ先を探す方は、私が今住んでるタイだったり、フィリピンだったりを選ぶ傾向にあります。

テレビなどで、1ヶ月○○円あれば住めて、年金は貯金できる。

なんてやってたりするのをよく見かけます。

でも、これって正直言って全く当てになりません。

その人によって、染み付いた生活習慣は異なるからです。

どんな暮らしでも平気だ。という方なら、実際にその金額で暮らすことはできるかもしれません。

上を見ればきりがありませんが、下もそれなりに存在しているからです。

私が住んでるタイを例に挙げると、タイも物価は年々上昇。

10年前と比べると、ありえないほど上昇しています。

もちろん、タイの方々のお給料も年々上がっていますし、彼らの暮らしもかなり変わってきています。

もう、かつての発展途上国のイメージはこの国にはほとんどなくなってきました。

年々物価が上がってきてると言ってもいいタイという国で、年金を貯金しようものならそれなりに節制した生活を強いられます。

正直言って、我が家の場合は日本で使うお金と今ではそんなに大差なくなってきています。

今までの生活習慣はそう簡単に変えられない

タイでは、食費は日本の10分の1に済ますことができる。

なんて話を聞いたことがあるかもしれません。

確かに、やろうと思えばできるかもしれません。

自炊をすると高くつくので、屋台や市場などでお惣菜を購入して食べたり、クーポン食堂で食事をしたり。

このような食生活を送るのであれば、かなり安値で過ごすことはできます。

朝は様々なところでぶっかけご飯の屋台や、豆乳とパートンコーと呼ばれる揚げパンの屋台も出ていますし。

朝から焼き鳥ともち米というご飯を食べるタイの方も結構います。

食生活は3食外食の屋台飯、住むところはタイでの低所得者が住むようなところ。

暑い日はデパートに出かけて涼んでくる。

と言う、タイの方々と同じ生活をしていれば、かなり安く生きることができます。

一人5万もあれば、楽勝で生きられのではないでしょうか。

でもそれをしてると、虚しくなってきたと言う方がかなりの確率で出てきます。

テレビの言葉を信じてここにきたけど、もうダメかも!

と、何人も言われているのを聞いてきました。

ロングステイを決める前に、まずは一度長期滞在してみるべし

これから海外でロングステイしたい!という方が一番最初にするべきことって何?

移住、ロングステイに失敗される方の多くが、他人の意見に惑わされて下調べもなしにきてしまってることです。

これからその国に住むと決めたのに、なぜ下調べをしないのでしょうか?

好きになれる国かどうかもわからないですよね?

相性、フィーリング的なものも存在しています。

そのため、最低でも2週間は移住を決めたら滞在してみるべきなのです。

自分の普段の生活を考えて、スーパーなどにも足を運び、食材の値段、そして外食はどれくらいなのか。

自分が行きたい、ここなら行ける。

と思えるお店に足を運んでみて、生活費を計算してみるべきなのです。

もう本当に声を大にしていいたいです。

人によって、生活費は違うんだ!と。

私はバックパッカーで、低予算で世界を旅してきましたが、それでもここタイで5万円の暮らしは間違ってもできません。

タイにいるなら、タイを楽しみたいですし、タイでしかできないこともやりたいと思ってます。

タイ料理も大好物ですが、でも長期滞在するにつれて日本食がいいと言う結論に達しました。

1日1食は日本食を食べています。

ここ最近は本当に安く日本食を食べられるようになりましたが、それでもやっぱりちゃんとした素材を購入しようとすると日本の2倍、3倍はします。

どんな生活を求めているのか。

実際に体験せずして、何もわからないですよね?

年金が貯金できるという話は幻想だった!

ということになる前に、まずはお試しステイをされてみてはいかがでしょうか?

よく聞く話で一番悲しい話が、日本の家を売却してから来たから帰れないとか、そういう類の話です。

日本に家があるという方は、家は今の時代インターネットを使えば簡単に売却もできます。

移住を決めて、ある程度住んでからでも遅くありません。

どれ位の値段で売却できるのか、無料で知ることもできるので、それだけは最初にやっておいたほうがいいかもしれませんね。

あなたの家の値段は、以下より無料でチェックできます。
【無料1分で完了!】日本の家がいくらで売れるのか無料でチェックしたい方はこちらをクリック

順序を間違えないようにすることで、ハッピーなロングステイライフを送れるはずです。