海外にロングステイしているという方は、日本に一時帰国された際に何を持って行こうか必死になって考えるのではないでしょうか?

私は、一時帰国した際にはどれだけ食料品を持っていけるか、いつも考えています。

海外に生鮮食品を持っていく方法について、ご紹介します。

スポンサーリンク

海外ロングステイ者の悩みは食べ物にあり?

今現在、私はタイのチェンマイにロングステイしていますが、周りにいらっしゃる日本人ロングステイヤーの方々の悩みとは、「食べ物」にあるようですね。

私たちは、タイ料理は大好物ですしタイで日本食も普通に食べることができるため、そこまで困ってる訳ではありません。

それが年配者の方々となり、今までタイ料理を食べたことがないという方になると、タイ料理は厳しいようですね(>_<) また、屋台を食べられない方などは、食事に困ってる方なども多かったりします。 そうはいっても、近頃はチェンマイでもかなり美味しい日本食を食べられるようになってきました。 日本と比べてしまうのは絶対ダメですが、「それなりに美味しい日本食」をいただくことができます。 お寿司のクオリティもかなり上がってきています。

海外でも和食を食べたい方

そんな中、やっぱり日本人たるもの和食を自炊して食べたいという方も多いものです。

チェンマイには、海外の食材が手にはいるスーパーもあり、そこに行けばかなり多くのものを揃えることはできます。

最近では、クックドウもあったり、塩昆布まで売ってたりします。

塩昆布は、毎回必ず10袋ほど持っていくのですが、そんなに持っていく必要がなくなりました。

醤油なども、こだわりがなければ日本の醤油も手に入ります。

ただし、お値段は日本の2倍ほどしたりします。

お金さえ出せば、そんなに日本の調味料などを手に入れるのに困ることもない時代になってきました。

スポンサーリンク

一時帰国の際に持っていく食材

一時帰国の際には、せっかくなのでタイには売ってないもの、タイで買うと高いものを中心に持っていきます。

タイって、ごま油がとっても高いのです。

1000円越えです!

一度韓国のごま油を購入しましたが、こちらはちょっとベタベタしていて好みではありませんでしたので、日本のものがいいなとごま油は多めに持参します。

また、タイのマヨネーズは甘いのでマヨネーズも結構持っていきます。

コショウも結構高めなので、コショウも必需品です。

さらに、わさび、ゆずコショウ類は大好物なので欠かせません。

あとは、だし関係がやはり本だしなどになってしまうので、あごだしや茅野やさんのだしを持っていきます。

味噌もタイの味噌はあまり美味しくないので、持参します。

余裕があれば、うどん屋おソバ系も入れていきます(^_^;

うどんなども売ってますが、美味しいうどんはなかなか手に入らないためです。

とっても重宝するのが、ツナ缶とシャケフレーク瓶ですね。

長持ちするため、かなり便利です。

海外へ生鮮食品の持っていき方

それでは、海外へ生鮮食品を持っていく方法です。

ちなみに、各国によって持ち込みができないものなどもありますので、確認の上持参されてください。

タイの場合はほぼ大丈夫です。

生鮮食品を持っていく際には、保冷の発泡スチロールにまず生鮮食品を詰めます。

できる限り、保冷剤を詰め込みます。

我が家の場合は大好きな味噌鍋の素があり、それを冷凍し保冷剤の代わりに使ったりもしています。

できるだけ多く入るようにです(^_^;

さらに、発泡スチロールの上からショッピング用の保冷バッグで包みます。

ここまでやれば、保冷効果はかなり高くタイまで生鮮食品を持っていくことが可能です。

ただし、氷は多めに入れることをお勧めします。

私はやりませんが、この方法をロングステイヤーの方に教えたところ、納豆をジップロックに入れて持ってきたという方もいらっしゃいました。

納豆はチェンマイで普通に購入できますが、やはり日本の納豆の方が美味しいですね。

日本の納豆を購入してますが、冷凍なので味は落ちます(>_<) が!!!!! そこまで贅沢は言ってられません。 納豆をチェンマイで購入して食べられること自体ハッピーなことですから。 この方法を使えば、生鮮食品を海外に持っていくことが可能です。 今度、お寿司パーティを海外でやる予定があるので、お刺身を持っていくことができるのか試してみようと思ってます。 ただ、ヨーロッパなので時間的にどうなのかなと(^_^; 試してみたら、またご報告します。